プジョー 1007 セミAT 警告灯点灯

この記事はアクトジャパンブログから転載しました。

 

1007 ピニンファリナデザインによるもの。

一番の特徴はコンパクトカーで初めて両側電動スライドドアを採用した点だ。助手席側だけならトヨタ・ポルテがあったが、「両側」で「電動」は市販量産車では1007が初だろう。

今回の故障は、バッテリーをご自分で取り替えた後、警告灯が点いて持ち込まれた。 5速セミAT仕様、プジョー車で初というセミATだが、すでに同じPSAのシトロエンC3(プルリエル)やその他、多くの欧州車で採用済みのものなので、特に目新しいものではない。ATモード付きなので、ほとんど普通のAT車のように乗れるが、一つだけ注意したいのはクリープがない点だ。坂道発進ではハンドブレーキ(もしくは左足ブレーキ)を使う必要がある。

ドクター井上がテスターを駆使していろいろ調べたが、エラーコードが出ない。バッテリー交換を自分で行った直後に出た症状なので、考えられるのはコンピュータのリセットか?

同じ症状が出ないため、しばらく様子を診ることにした。

福岡で輸入車・プジョー・1007の車検・故障修理・中古車・板金塗装でお困りの方で、アクトジャパンのことを更に詳しく知りたい方は ☟

お急ぎの方は、今スグお問い合わせください。

輸入車の車検・修理・板金塗装のお問い合わせ
・お電話の方は、092–938–2231へ
・ メールの方は、actjapan@gmail.com

福岡で創業90年、プジョーの車検 故障 修理。オイル漏れ・オーバーヒート・エンスト・エアコン・ブレーキ・ハンドル・オートマの異音・不具合なら、アクトジャパンへ

 

アクトジャパン株式会社 

営業時間: 09:00~18:00

(日曜日9:00–17:30)

定休日: 不定休

 

〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 TEL:092–938–2231 

Mail:actjapan@gmail.com

緑の看板が目印です!