ノッキングがとまりません、原因は何?

2004年式のBMW320に乗っています。97000kmを走ったあたりから、坂道など過負荷時にノッキングが発生するようになりました。当初はオートバックスで買ったガソリン洗浄剤で解消できましたが、今では効果がありません。プラグ、ディストリビューター、コード類を交換してもだめでした。何が原因なのでしょうか?

点火タイミングなどがメーカーの指定どおりであれば、ノッキングは起こりにくいはずです。しかしそれでもノッキングが起こるとすれば、エンジン内部にカーボンが堆積していることが考えられます。

カーボンというのは、ガソリンが燃焼したときのカスで、完全に燃焼しなかった場合に発生します。これがシリンダーヘッドやピストンなどに付着します。そうすると、混合気が燃焼しながら広がっていくときに、カーボンの断熱作用によって自然発火を起こしてしまうのです。これがノッキングです。

最良の方法は、シリンダーヘッドのオーバーホールをして、積したカーボンを取り除くことです。そうすればエンジンは軽くなりますし、ノッキングもなくなるはずです。

 

アクトジャパン株式会社 

営業時間: 09:00~18:00

(日曜日9:00–17:30)

定休日: 不定休

 

〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 TEL:092–938–2231 

Mail:actjapan@gmail.com

緑の看板が目印です!