アクト車検は半年毎の定期点検も車検基本料に含まれています

↑ お電話される際はここをクリックして下さい。↑
↑ お電話される際はここをクリックして下さい。↑


フォルクスワーゲン ライト修理 福岡アクトジャパン

 

 

半年毎の定期点検はしっかり、じっくり、この濃さで行っています。

 

時間にして約1時間かけて、愛車を良いコンディションで維持するため半年に1度のトータルチェックです。

車検の際に予見された箇所の磨耗具合や疲労度をチェックしたりコンピュータ診断機器を使用して日頃チェックできない所までしっかり点検。

エンジンの点火装置など細かいポイントをはじめ、クルマをリフトアップしてブレーキホース、シャフト類なども点検しているのです。

 

このような点検を半年ごとに行うことによって

 

異音が気になる


へんな焦げ臭い臭いがする


ブレーキが効かない

 

このようなことが起こらないように、かかりつけのカードクターとして2年間しっかりフォローしていきます。

車検さえ受ければいいというのは実は危険です。メンテしてあげて、クルマ本来の性能が維持できるのです。

定期点検費用の3回分は車検基本料金に含まれていますので、思いっきり安心して依頼されてください!

 

 

具体的な点検内容は以下のとおりです。

 

エンジン
●かかり具合、異音 ●低速・加速時の状態 ●オイルの量 、汚れ、もれ

エアクリーナエレメント
◎エレメント(フィルタ)の汚れ、詰まり


冷却装置             排ガス測定
●冷却水の量、もれ        ●排気の状態 

 

バッテリ
●バッテリ液の量 ●ターミナル部の接続状態


点火装置
●点火時期 ●ディストリビュータのキャップの状態 ◎プラグの状態


ブレーキペダル
●遊び、踏み込んだときの床板とのすき間  ●効き具合


パーキングブレーキ
●レバー(ペダル)の引きしろ(踏みしろ) ●効き具合


ホース、シリンダ類
●ブレーキ液の量 ●ホース類の液もれ、損傷 ●シリンダ


クラッチ、トランスミッション
●クラッチペダルの遊び、切れたときの床板とのすき間 

◎トランスミッションの油もれ、油量


シャフト類
◎プロペラシャフト、ドライブシャフトの連結部のゆるみ


パワーステアリング
●ベルトのゆるみ、損傷

 

タイヤ
●空気圧 ●溝の深さ、亀裂 ◎ホイールナット&ボルトのゆるみ


マフラ、エグゾーストパイプ    ランプ類
●点灯、点滅、汚れ、損傷     ○取付のゆるみ、損傷   


ワイパー類

●ワイパーの払拭状態 ●ウインドウォッシャー液の量 、噴射状態

 

 

アクトジャパン株式会社 

営業時間: 09:00~18:00

(日曜日9:00–17:30)

定休日: 不定休

 

〒811–2317

福岡県糟屋郡粕屋町

長者原東4-2-5

 TEL:092–938–2231 

Mail:actjapan@gmail.com

緑の看板が目印です!